保湿・断熱性

冬暖かく、夏涼しい畳(断熱・保温性)

空気には熱を伝えにくい性質があります。 

畳が、夏はひんやりと肌に心地よく、冬は暖かさを保ってくれるのも、畳が含んでいる空気のおかげなのです。

 

畳表のい草はもちろん、畳床に使用してある稲わらもスポンジ状になっているので、畳はたくさんの空気を含んでいます。

そのスポンジ状の部分にたまっている空気が、夏の暑さを遮断する働きを、冬の冷たい冷気をさえぎる断熱材の働きをすると同時に、室内の適温の空気を保つ役目をしてくれるのです。