肥後物産通信9月号 「畳表カビ対策」

 今年は8月は雨が多く、敷き込み後にカビの発生が多かったようです。カビ対策で成果をあげられている畳店様のご協力により、畳表カビ発生要因と対策を中心に納品後のお手入れ案をまとめてみました。

 

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信8月号「2019年 新草収穫状況」

 新草の特徴・品質について一部の生産者の方々となりますが聞いてみました。今年は梅雨入りが平年より20日程遅かった事から、ひのみどり品種では伸長が心配されましたが、梅雨入り以降、長さも徐々に伸び、全般に硬質で根白は少ない草質と聞かれます。

 

◎新草の特徴として

  • 全般に硬質で実入りが良く、根白は少ない。
  • 収量は田圃や品種による差も聞かれるが全般には豊作。
  • 長さは120cm以上が6〜7割程抜き取れるようで長い率が高い傾向。
  • 早刈り品種の涼風は4年目となり、特性に合わせた栽培から年々品質が良くなっていると思います。
  • ひのみどりでは晴天続きで一時は伸び悩んだ時期もあり100〜120cm程のところに先枯れが見られる。
続きを読む 0 コメント

肥後物産通信7月号「令和元年夏季産地研修 第2回報告」

 2回目の刈取り研修は、関東、中部、近畿地方より10名の畳店様が来社されました。そのうち7名の方は今回初めての研修参加で、これまで参加頂いた畳店様からの紹介や、後継者の方、また社員の方でした。弊社の産地研修をご紹介頂きました畳店様には心よりお礼申し上げます。

 

 また、生産現場での体験に協力頂きました、岩本様、小嶋様、橋口様、吉田様には大変お世話になりました。

 

 今年の草質ですが、早刈り品種の涼風は全般に長さ・収量ともに良好のようです。また、ひのみどりは梅雨入りが遅かった事もあり、長さは少し短かいところもありましたが、全般に実入りが良く硬い草質で、根白も少ないようで、品質の良い畳表の生産が期待できそうです。

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信7月号「令和元年夏季産地研修 第1回報告」

 7年目の刈取り研修 第1回目は、関東、中部、四国、九州地方より11名の畳店様が来社されました。平年より20日程遅い梅雨入り後、6月30日から大雨が続き交通機関の遅れ等が心配されましたが、7月4日の研修当日は梅雨の晴れ間に恵まれ、それぞれのグループで刈取り作業の1日を体験させて頂きました。

 

 生産現場での体験に協力頂きました、赤星様、上本様、早川様、山下様には大変お世話になりました。

 

 勉強会は春同様、品質について学ぶ基本コースと商品提案のロールプレイングをしてお互いに気づき得る応用コースで行いました。

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信5月号「生産者との勉強会」

◎勉強会の趣旨

 この勉強会は2015年に数名の生産者の方と「後継者が育つ産地にするために出来る事から活動しよう」という事で始めた勉強会です。これまでの活動は、

  • 第1回目は2016年に早川猛様のところで加工講習(市場における価格差は織りと仕上げの要因が大きく、熊本において織りと仕上げではトップであり、農林水産大臣賞を3度も受賞された早川猛様にそのノウハウを伝授頂きました)
  • 2017年は反収を上げる計画書作成で4回の勉強会
  • 2018年は、その成功要因の1つ、「問屋が良いと思う品と生産者が良いと思う品の方向性を合わせる」で畳店様向けに行っている見分け方の内容を見て意見交換でした。

 

続きを読む 0 コメント