肥後物産通信1月号「泥染めしていない畳表入荷のお知らせ」

クリーンな製織環境(泥染めしていない畳表)
クリーンな製織環境(泥染めしていない畳表)

■産地状況

 1月中旬となり全般に製織作業が再開されています。農協市場の初入札は1月11日(火)約90点の出品で開催されました。品種では涼風が約5割、出品内容では五八麻類が中級品クラスを中心に約5割を占め、本間類が約3割、五八糸類が約2割の状況でした。現在、売れ行きは落ちついており必要分の手当となっています。

 

■泥染めしていない畳表のご案内
◎無染土販売の趣旨

「これからの熊本産地の若手・後継者の事を考えますと、染土のホコリによる作業環境の改善が必要に思い、少しでもクリーンな環境づくりにつなげたい事が生産と販売の趣旨です」

 

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信12月号「い草の香り安眠効果事例」

植付け後10日程経過(手植え)
植付け後10日程経過(手植え)

■産地状況

 植え付け作業は9割程済み終盤となってきました。今年も一部で通信10月号(生産者との勉強会)で取り上げた、苗の生育不良(主にひのみどり)の声が聞かれましたが、終盤になると早く終わられた生産者から苗を貰って、ほぼ予定した面積の植え付けができているようです。育苗の課題については今後も生産者の方々と勉強会や情報共有を行い、高品質な畳表生産に取り組んでいきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信11月号「大空高校農業研修 来社報告」

手植え風景(11月15日)
手植え風景(11月15日)

■産地状況

 11月中旬となり、い草の植え付けが始まりました。約2割のポット栽培生産者(21.6%)は植え付けと平行して畳表生産を行われますが、手植え(27.9%)、カセット式(50.5%)栽培のところでは、植え付け作業が終わる12月中旬頃まで生産は休止となります。

 市場では約7割が新草に切り替わりました。品質面では、ひのはるかが今年初の大臣賞となり、例年より実入りの良い品物が見られます。

新草は全般に草丈が短い傾向で、新草割合が更に増えてくると、上物の供給不足が進む気配です。

 

■売れ行き

 緊急事態宣言・まん延防止措置期間が明けた10月から一般個人需要も出始め荷動きは活発となりました。11月に入り少し落ち着いてきた感はありますが、販促活動(チラシ・DM・SNS発信等)の熱心なお店では、現在も忙しいと聞かれます。

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信10月号「生産者との勉強会報告」

 10月2日(土)は生産者30名の方々と「ひのみどり育苗勉強会と販売情報交換会」を行いました。

 毎年、消費地からの声を届けて生産に活かす事を目的に行っていましたが、昨年はコロナにより延期し、今年8月末に行う予定が再度延期して、今月に実施いたしました。生産者の皆様にとっては、ポット栽培、稲刈りの大変忙しい中にご参加頂きありがとうございました。

 

「ひのみどりは苗が枯れやすい」「育成が難しい」などの声より、産地の品種構成も変わってきましたが、「国産は品質が良いもの」として消費者に勧めていらっしゃる全国の畳店様の声に応えるためにも、この苗の管理、育成は産地としては改善すべき課題です。

 このような中、毎年のように品質の良いひのみどりを育成されていらっしゃる早川猛様にそのノウハウを公開頂き、産地全体のレベルアップを図るべくご協力頂きました。以下の内容です。

 

日時:10月2日(土)16:00 ~ 17:30

場所:肥後物産(株)

内容:

1.情報交換会

 全国の畳店様からの声と、改善点として頂きました数枚の写真と現物を展示して事例を報告し、生産者の方々と意見交換を行いました。使う人の声としてそのままお伝えしました。作っている人にとっては耳の痛い事ではありましたが、ともに情報を共有して、産地一体となって取り組む課題ととらえています。

また同業者の方にも参加頂き、消費地の声としては、より幅が広がったと思います。

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信9月号 「熊本県SDGs登録制度」と自社の取り組みについて

熊本県SDGs登録制度
熊本県SDGs登録制度

 今年、熊本県で持続可能な開発目標(SDGs)に積極的に取り組む企業や団体を後押しし、熊本県内におけるSDGsの取り組みの裾野を広げるため、これらの企業を登録する制度が始まりました。

 

 弊社においては、毎年のように自然災害が発生し、このままの産業の仕組みであれば、次の世代の人達は自然の豊かさをや恩恵を感じることが少なくなるのではないかと以前より感じていました。

 

このような中、NHKで2021年の春に放送された「2030年 未来への分岐点」の一部を社員皆で見て、「次の世代の人達に誇れる10年にしたい」という思いで自分たちにできる事を考えました。

続きを読む 0 コメント