肥後物産通信5月号「生産者との勉強会」

◎勉強会の趣旨

 この勉強会は2015年に数名の生産者の方と「後継者が育つ産地にするために出来る事から活動しよう」という事で始めた勉強会です。これまでの活動は、

  • 第1回目は2016年に早川猛様のところで加工講習(市場における価格差は織りと仕上げの要因が大きく、熊本において織りと仕上げではトップであり、農林水産大臣賞を3度も受賞された早川猛様にそのノウハウを伝授頂きました)
  • 2017年は反収を上げる計画書作成で4回の勉強会
  • 2018年は、その成功要因の1つ、「問屋が良いと思う品と生産者が良いと思う品の方向性を合わせる」で畳店様向けに行っている見分け方の内容を見て意見交換でした。

 

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信4月号「令和元年 7月産地研修のご案内」

 今年も刈取り時期が近づいてまいりました。今回で7年目となりますが、「体で感じた体験がお客様への提案の質を上げる」この事は体験を経験された皆様のその後の経過から言えるように思います。

 

刈取り体験は少人数による体験重視コースで行います。

 い草刈取り体験作業の流れ
 (刈取り作業の1日の流れを写真で見れます)

 

勉強会は基本コースと応用コースで行います。

 内容の紹介はこちらまで

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信3月号「泥染めしていない畳表のご案内」

続きを読む 0 コメント

肥後物産通信2月号「平成31年第2回産地研修報告」

 春の産地研修第2回は全国より26名の畳店様が来社されました。初日の研修会では、基本コースは品質の見分け方の習得、応用コースは商談シーンの検証を行いました。

(概要)

◎日時:第2回:平成31年2月15日(金)~ 16日(土)

◎目的:トップクラス生産者の製織作業を体験する事で品質の説明により幅を広げ、お客様への価値提案力を高める

◎参加者:26名(基本コース 18名、応用コース 8名)

◎研修内容

 1、品質勉強会

   基本コース:品質の見分け方の習得

   応用コース:商談シーンの検証

 2、生産者の製織作業体験、圃場見学 

◎研修会満足度(アンケート集計)

   初日勉強会 98.9%

   製織体験  98.8%

◎研修参加2回目以降方対象(アンケート集計)

   研修参加後のワンランク上の商品販売率 75.0%アップ

続きを読む

肥後物産通信2月号「平成31年第1回産地研修報告」

 春の産地研修第1回は全国より22名の畳店様が来社されました。初日の研修会では、基本コースは品質の見分け方の習得、応用コースは商談シーンの検証を行いました。

(概要)

◎日時:第1回:平成31年2月8日(金)~ 9日(土)

◎目的:トップクラス生産者の製織作業を体験する事で品質の説明により幅を広げ、お客様への価値提案力を高める

◎参加者:22名(基本コース 14名、応用コース 8名)

◎研修内容

 1、品質勉強会

   基本コース:品質の見分け方の習得

   応用コース:商談シーンの検証

 2、生産者の製織作業体験、圃場見学 

◎研修会満足度(アンケート集計)

   初日勉強会 97.9%

   製織体験  97.5%

◎研修参加2回目以降方対象(アンケート集計)

   研修参加後のワンランク上の商品販売率 70.0%アップ

続きを読む