耐久性の見分け方

畳表のヒゲと言われるい草の先端部分をご覧下さい。丸みを帯びたイ草は、茎の充実が良く、表皮も厚いので擦り傷などになりにくい傾向にあります。一方で楕円型に潰れたイ草は、茎の充実が悪く、表皮も薄いので擦り傷などの原因になる傾向にあります。

い草そのものに実が入っており、左図のように織込み密度が高いと、より耐久性もある畳表となります。