肥後物産通信1月号「高品質な畳表を多く使われる店に共通する事について」
2023年 · 25日 1月 2023
 2013年から産地研修を始め、今年で10年目となりますが、これまで何度もリピーターとしてご参加頂く畳店様もいらっしゃいます。このような畳店様は高品質な畳表を使った良い仕事をされ、産地訪問の際には毎回テーマを持って来られているように思います。

肥後物産通信12月号「産地維持には需要を上げる」
2022年 · 10日 12月 2022
 10月産地研修において生産者と畳店との意見交換会を行いました。その際、進行に使用したスライド資料「産地存続のために」を掲載しています。

令和4年産せとなみ入荷のお知らせ
2022年 · 14日 11月 2022
 試験的な取り組みとして、数名の生産者のご協力を基に栽培しておりました「在来品種せとなみ」の畳表が入荷しました。

肥後物産通信11月号「植付け前の苗管理 勉強会報告」
2022年 · 07日 11月 2022
 栽培指導に森崎様をお迎えして、14名の生産者の方々と植付け前の苗の生育状況を見ながら意見交換する現地検討会を行いました。

肥後物産通信10月号「令和4年秋季産地研修報告(アンケートまとめ)」
2022年 · 27日 10月 2022
秋季産地研修に参加頂きました皆様からアンケートを頂きました。忙しい中にも記入頂きありがとうございました。

肥後物産通信10月号「令和4年秋季産地研修報告」
産地研修 · 20日 10月 2022
品評会の日に合わせて10月16(日)〜17日(月)に最高級品の見学と見分け方を中心とした研修会と講演会・展示会を行いました。

肥後物産通信9月号「生産者との勉強会報告」
2022年 · 12日 9月 2022
 9月3日(土)は生産者28名の方々と「安心出来る道筋を描く」という趣旨で情報交換会を行いました。  経糸や肥料など様々な経費が値上がりしている中、我々が取り組めるのはどういった事があるのか、産地全体としての対策、一問屋としての対策等を提案。今回の問題を少しでも乗り越えていけるよう情報共有を行いました。

せとなみ栽培経過報告(7月状況)
2022年 · 10日 8月 2022
 せとなみの刈取り直前の生育状況から、収穫して乾燥した原料い草の1寸抜き、来年収穫するための8月苗の植え付け状況をまとめました。

肥後物産通信8月号「2022年 新草収穫状況」
2022年 · 06日 8月 2022
 新草の特徴・品質について一部の生産者の方々となりますが聞いてみました。 刈取りが始まった6月時点では少し短いと聞かれましたが、7月に入り徐々に回復して、長さ・収量ともに平年並みとなりました。品質も先枯れや根白が少なく、全般に良質ない草が収穫されたと思われます。

カビ経過報告(7月27日)
2022年 · 27日 7月 2022
 熊本では梅雨明けは6月にしたものの、7月は梅雨末期のような長雨が続いていました。このような中、A宅の掃除をしていない部分でカビが発生しました。(A宅では掃除の効果をみるために、実験として座敷の真ん中から下半分は掃除をして、上半分は掃除をしてませんでした。)  6月はD宅で洗濯物の湿気が原因でカビが発生しており、換気が対策のポイントといえると思いますが、今回は、掃除が対策のポイントと思われます。したがって畳表のカビ対策としては、やはり「換気と掃除」がポイントである事が言えると思います。

さらに表示する